うつ病の特徴を知る【病気に打ち勝つための治療法を公開中】

サイトメニュー

心の風邪に罹患する

病院

うつ病は誰にでも罹患をする可能性がある疾患です。適切なアドバイスを受けるために心療内科を受診し、処方された薬をしっかりと飲むことも必要です。自己判断をしないことも大切なので医師のアドバイスを守るようにしなければいけません。

詳しく見る

無理をせず治療に専念する

ハート

うつ病は特別な病気ではなく、早く治療をすることで症状を緩和させられます。心療内科では血液検査などの他に問診によって症状や原因を判断し、薬などで治療が始められます。それに加えて、大切なのが十分に休息を取ることで早く完治させることに繋がります。

詳しく見る

適切な外来治療を

聴診器

うつ病は憂鬱な気分を抱え、イライラなどの症状が出ることになります。次第に感情の動きもなくなっていく病気です。その治療をおこなうには、適切な外来治療を提供している医療機関を選択することが大事になります。

詳しく見る

放置せず病院で診てもらう

カウンセリング

うつ病を発してしまえば、そのまま放置するのではなく精神科又は心療内科で診てもらうことで治していくことができます。放置すれば悪化する恐れもあり、悪化してから治療を始めれば完治が遅れてしまうこともあるため、早期の治療が大事となります。

詳しく見る

心の病を改善しましょう

女性

現代社会は心の病で悩んでいる方が多いですが、医療機関が充実しているので安心できます。うつ病で悩んでいる方は、無理をせずにすぐにお近くのメンタルクリニックに訪れることをお勧めします。医師の方は親身になって話を聞いてくれるでしょう。

詳しく見る

症状と治療法を知ろう

女性

脳の働きを改善しよう

うつ病の前兆としては、喜びや楽しみを感じなくなってしまうとか、気分がなかなか晴れないとか、趣味や好きなことを楽しめないなどの症状です。怪我をしてその部分が機能しないのと同じように、脳のエネルギーが欠乏している状態です。通常であれば、そのようなエネルギーは、時間と共に回復していくものです。しかし、自然の治癒力が低下して、なかなか回復できない状況となります。大きく分けて、精神症状と身体症状があります。精神症状では、落ち込んだり、意欲が低下したり、思考力・集中力が低下したり、何に対しても意欲がわかなかったり、悪い方へと考えてしまったりなどの状態です。また、身体症状では、睡眠がしっかりとれなかったり、寝すぎてしまったり、食事が摂取できなかったり、取りすぎだったり、ホルモンのバランスが乱れたりなどのことがおきます。大抵は、朝が調子悪く、夕方に向かうほど改善していきます。しかし、なかなか改善しなかったり、頻繁に症状が繰り返し出てきたりすると完全なうつ病です。治療方法としては、十分な休養をとることが一番です。脳を休ませて、エネルギー充電を図ることが大切です。薬による治療としては、抗うつ剤として、ノルアドレナリンやセロトリンなどの神経伝達物質を補うことが大切です。一週間から三週間で効果がみえはじめ、2ヶ月から半年で成果が現れます。しかし、休むことなく半年から1年間は、投薬を続けるべきです。精神療法として、カウンセリングをうけ、衣食住についてアドバイスをうけることも方法の一つです。最後に、ヘッドギアなどを頭に装着して、電気を流す方法もあります。この場合は、麻酔をかけて行うことになります。電気でけいれんを起こす療法です。病状によっては、大きな成果がでるものもあります。様々なストレスなどから、誰しもがうつ病に陥る可能性があります。食欲がない、気持ちが落ち着かない、座っていられない、眠りが浅いなど、小さな症状からやがて取り返しの付かない重大な状況まで発展することがあります。うつ病を外傷がない、軽い病だと考えずに、治療に取り組むべきです。そのためには、家族の理解と協力も不可欠です。

Copyright© 2018 うつ病の特徴を知る【病気に打ち勝つための治療法を公開中】 All Rights Reserved.